「ベーシックインカムは人類を救う」と期待する前に考えてほしいこと

WordPress 画像

みなさん、こんにちは。どうも、カズノモです。

ベーシックインカム」という制度を知っていますか?

今、世界中で議論されていて、試験的に導入されている国もあり、メディアや書籍でもさまざまな意見が交わされていて知っている人も多いかもしれません。

自分自身、この制度の理念や仕組みを完全には理解していません。まだまだ勉強中ですが、議論されている今だからこそ、ベーシックインカムについて感じたことを書きたいと思います。

 

そもそもベーシックインカムとは

ベーシックインカムというのは

「全ての国民に対して生活を賄えるだけの一定額の金銭を無条件で無期限に給付する」

という制度になります。

つまり、働かなくてもお金がもらえるという夢のような制度です。

日本でも神奈川県厚木市で「ベーシックインカムハウス」が始まり、話題になっています。

 

ベーシックインカムハウスについては、ken2(けんけん)@nokotoblogさんがブログで詳しく書いているので読んでみてください。

ベーシックインカム(BI)ハウスはAI時代の夢を見るか? | nokotoblog
先日twitterのタイムラインに流れてきたこのニュース! 無料で住めて月15000円支給されるハウスが現れた! ベーシックインカムハウスについて #8211; カイリュー木村のblog https://

 

AIによる単純作業の機械化、省人化によって人間が行う仕事がなくなってしまう社会において、救世主のような存在に感じている人もいると思います。

このベーシックインカムを導入すれば、経済的な不安から解放されて本当にやりたいことができたりなど、さまざまなメリットがあると言われています。

 

このベーシックインカムを導入するためには、これまでの社会保障などのさまざまな制度の廃止、働かない人が出てくるのではないか、財源はどうするのか、などさまざまな課題をクリアしなければならないため、完全な形で導入するためには、まだまだ時間がかかると思います。

一部の国では試験的に導入されていますが、完全な形で導入している国は今のところありません。

 

ベーシックインカムという制度が実現されれば、人間は労働から解放されて本来の生きていく目的を達成できるかしれません。

 

ベーシックインカムが話題だからこそ日本の現状を考えてほしい

ここで今の日本社会の現状を考えてみましょう。

 

そもそも、「ベーシックインカム」が話題に上るということは、今の働き方、暮らし方、政治を改善すべきと感じていることがわかります。豊かで何も不満がない国なら「ベーシックインカム」の議論もされないと思います。

日本では「ブラック企業」が流行語になり、うつ病や精神的な問題を抱える若者が増えるなどの労働問題が起きています。

また、生活保護の受給資格者は約1,000万人に存在すると言われていますが、実際には約200万人しか給付を認められていません。

これらの問題はほんの一部です。今の日本社会は、解決しなければならない問題だらけです。

 

ベーシックインカムは今の現状を考えるきっかけを与えてくれるもの

ベーシックインカムを議論することによって、今まで目を背けてきた働き方、暮らし方、政治に目を向けるきっかけになるのではないでしょうか。

 

自分自身、ベーシックインカムを導入することには賛成です。

十分な議論を交わし、制度を整えれば実現可能だと思います。

 

ベーシックインカム論を導入すれば、すべて救われると思っている人は、自分自身で今の生活をよりよくできることがないか、考えてみることが大事なのではないでしょうか。

偉そうに聞こえるかもしれませんが、自分自身もベーシックインカムという制度の仕組みを聞いたとき『お金がもらえるなら働かなくてもいいじゃん』と考えていました。

 

便利な制度に頼るのもいいかもしれませんが、その前にやるべきこともあると思うのです。

ベーシックインカムという制度が話題になった今こそ、自分自身を見つめ直すきっかけにしてほしいです。

 

もし今後ベーシックインカムが導入されても、考え方が変わっていないと生活環境はより良いものに変わらないと思います。

ベーシックインカムが世界を救うという考え方よりも、今の現状を変えていき、ベーシックインカムを導入してさらによりよい社会にしていく、という考え方にシフトしたほうがいいのではないでしょうか。

この記事を読んで皆さんのベーシックインカムについての考え方や感じ方が変われば幸いです。

ベーシックインカムについては非常に興味深いテーマなので引き続き、感じたことがあれば、また記事にしていこうと思います。

最後まで読んでくれて、ありがとうございました。

 

おわり

コメント