セブンイレブンが独自システムでスマホ決済参入へ。キャッシュレス派としては嬉しいけど、、、

WordPress 画像

みなさん、こんにちは。

どうも、カズノモです。

キャッシュレス派としては、嬉しいニュースが入ってきました。

コンビニ最大手セブンイレブンがスマホ決済を来年春(2019年4月頃)に導入するとのこと。

一応、セブン&アイホールディングスの公式ホームページを見てみましたが、スマホ決済関連のニュースは出ていませんでした。これから発表されると思います。

 

NHKのニュース記事でわかっていることは

  • スマホアプリのインストールが必要
  • プリペイドカードの事前購入が必要、クレジットカードを登録することでスマホをかざして代金の決済が可能になる
  • 電子マネー「nanaco」との関連は今のところなし(2018/4/6時点)

 

セブンイレブンとしては、このアプリのスマホ決済から膨大な購買データを得ることができるので、大きなメリットがあるでしょう。

ですが、ユーザー側としてはわざわざスマホにアプリをインストールして、さらにプリペイドカードやクレジットカードと紐づけしなければならず、現状の情報からでは「nanaco」「QUICPay」などの電子マネー、クレジットカードから移行するとは考えにくいです。(Walletにnanaco対応じゃだめなの、、)

スマホアプリだけの特別クーポンやポイント率優遇などのメリットがないと、難しいでしょう。

 

ローソンでは「LINE PAY」、「楽天ペイ」などの他社の決済システムを導入していますが、セブンイレブンとしては独自の決済システムを導入し、他のコンビニとの差別化をさらに狙っていくのでしょうか。

ローソンの関連記事

ローソンがスマホペイを導入して無人店舗へ本気出してきた!世界のコンビニ事情も紹介するよ
来年の春からローソンの一部の店舗で無人化運営が始まります。中国、アメリカは無人化への動きが急速に進んでいて、日本は非常に遅れています。

 

セブン銀行、セブンネット、nanaco、そして独自システムの決済サービスの展開へ。

他のコンビニにはないブランドパワーを構築し、その牙城を崩させまいとしているのかもしれません。

独自で導入しようとしているので、参入スピードは、外部企業と決済システムを提携している他社コンビニよりは圧倒的に上でしょう。その点はセブンイレブンの強みとも言えます。

または「Amazon Go」のような無人店舗を計画していて、そのためのスマホアプリなのかもしれません。

 

ユーザー側からしたら、他の決済方法と規格を統一してもらったほうが利便性がいいですが、企業側は規格を統一すると、独自の強みや顧客データを得ることが難しくなります。

企業とエンドユーザーの求めるものの「ズレ」が、決済方法の乱立を招き、日本のキャッシュレス化を遅れさせているとも捉えられます。

 

現状の情報だけでは、セブンイレブンのスマホアプリ決済の普及は難しいと思います。

まあ、セブンイレブン側も公表していないだけで、いろいろと考えていると思うので、今後の展開に注目です。

 

また、新しい情報が入りましたら随時更新していきます。

 

 

キャッシュレス・ジャパン達成のために必要なことをまとめた記事もあります

日本のキャッシュレス化へ何が必要なのか~世界の事例から考える~
みなさん、こんにちは。 どうも、カズノモです。 経済産業省が「キャッシュレス決済」の比率を2025年に40%に高める目標を掲げました。これまでは2027年の達成を目指していたので、2年前倒しになります。 さらに、将来的には80...

 

資産運用に興味のある方はこちらの記事もどうぞ

つみたてNISAのメリットって?若者こそ資産運用をはじめよう!
つみたてNISAについて簡単にまとめました。親世代の昔の常識は通用しません。今は自分で考えてお金を増やす時代です。資産運用は始めるのが早ければ早いほど大きなリターンが望めます。まだ資産運用を始めてない特に20代、30代の方は是非読んでみてください。すこしでも投資に興味を持ってもらえたら嬉しいです。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

おわり

コメント