キャッシュレス社会は夢物語!?打開策を考えてみたよ

WordPress 画像

みなさん、こんにちは。

どうも、カズノモです。

「クレジットカードの読みもの」さん(@cardmics)のツイートで、日本のキャッシュレス社会について言及されていたので紹介したいと思います。

 

うーん、まさに正論。

まったくもってその通りですね。

ぼくも日本の現金使用率やクレジットカード、電子マネー普及率を調べれば調べるほど、日本のキャッシュレス社会が本当に実現するのか疑問に思えてきます。

 

一方、中国では

 

中国では日本で言う「オフィスグリコ」までもQRコード支払いが可能になってます。

スマホ一台あればどこでも支払い可能な社会になっています。

 

ここまで急速に普及した背景には「ニセ札対策で普及した」ことが大きい理由です。

現金で支払おうとしたら、ニセ札かどうかを調べられることもあるそうです。ATMから出てくるお金がニセ札だったこともありますからね。

日本に住んでいて『このお金、ニセ札?』って疑う人はまずいないと思います。

この現金に対する信頼が日本のキャッシュレス社会を遅らせている理由のひとつでしょう。

 

日本のキャッシュレス社会に実現性はあるのか?

ここでいくつかキャッシュレス社会に向けての打開策を考えてみます。

 

①税金優遇制度が導入される

クレジットカードや電子マネーなどの非現金決済の利用額に応じて、税金が優遇される制度が導入されれば、少しはキャッシュレス化へ近づくんじゃないでしょうか。

または消費税を現金決済の場合は10%にしてキャッシュレス決済なら8%にすれば、いやでも現金使わなくなるんじゃないかなって思います。

これには政府の主導が必須なので動いてくれるのを待つしかないですけど、最近の世界のキャッシュレス化の流れから可能性はありそうです。

 

関連記事

日本のキャッシュレス化へ何が必要なのか~世界の事例から考える~
みなさん、こんにちは。 どうも、カズノモです。 経済産業省が「キャッシュレス決済」の比率を2025年に40%に高める目標を掲げました。これまでは2027年の達成を目指していたので、2年前倒しになります。 さらに、将来的には80...

 

②高額紙幣(1万円札、5千円札)廃止

高額紙幣を廃止して強制的にキャッシュレス社会にしてしまう。

これは反対意見がたくさん出そうですね。皆さん現金大好きなので(笑)

インドでは高額紙幣を廃止してキャッシュレス社会にすることに成功しています。

 

 

③中国企業本格参入

 

日本の企業がもたもたしている間に、中国の「アリペイ」や「ウィーチャットペイ」が大規模なプロモーションをかけて急激にモバイル決済が普及する。

まあ、キャッシュレス化してくれればいいんですが、できれば日本の企業に頑張ってほしいですね。

 

④LINE Pay、楽天ペイ等のスマホアプリに100円を無料配布

クレジットカードの読みものさんのLINE Payユーザーに100円をばらまく案ですが、

これが一番効果あるんじゃないかなって思ってます。

普段使っているアプリで決済出来たら便利なので、是非やってもらいたいものです。

 

まとめ

簡単ですが打開策を考えてみました。

クレジットカードや電子マネー支払いを増やすには、ポイント以外のメリットがないとキャッシュレス化へはなかなか難しいと思います。

政府がキャッシュレス社会にする目標は出しているので、どこかのタイミングで大きな政策が出そうな感じはするんですけどね。

ぼくは、現金支払いよりキャッシュレスのほうがメリットは大きいと思うので引き続きキャッシュレスを推進していきます。

 

キャッシュレスの関連記事

ローソンがスマホペイを導入して無人店舗へ本気出してきた!世界のコンビニ事情も紹介するよ
みなさん、こんにちは。 どうも、カズノモ(@blog_kazunomo)です。 今朝の朝日新聞(2017/12/5)でこんな記事がありました。 ローソンが無人店舗を開始すると発表があり、首都圏の数店...
セブンイレブンが独自システムでスマホ決済参入へ。キャッシュレス派としては嬉しいけど、、、
みなさん、こんにちは。 どうも、カズノモです。 キャッシュレス派としては、嬉しいニュースが入ってきました。 コンビニ最大手セブンイレブンがスマホ決済を来年春(2019年4月頃)に導入するとのこと。 一応、セブ...

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

 

おわり

コメント