【つみたてNISA】〜おすすめ銘柄7選〜迷ったらこれから選ぼう

WordPress 画像
みなさん、こんにちは。

どうもカズノモです。

 

つみたてNISAを申し込んだのはいいけど、商品が100本以上あって、どれを選んだらいいのかわからないな、、20年運用するからどうしよう。。

つみたてNISAを申し込んだけど、商品が多すぎてどれも選ぶのに戸惑っている人も多いと思います。

 

この疑問にネットや書籍でいろいろと研究して、つみたてNISAを始めてみたカズノモ(@blog_kazunomo)が厳選した商品を提案したいと思います。

つみたてNISAって何って方は、まずは下記記事を読んでみてください。

つみたてNISAのメリットって?若者こそ資産運用をはじめよう!
みなさん、こんにちは。 どうも、ノモ(@blog_kazunomo)です。 人生100年時代と言われているので、やっぱり将来のお金が心配ですよね。 老後に必要なお金は約2000~2500万円が必要だと言われています...

 

つみたてNISAはどの証券会社で始めるのがいいの?

まだ証券会社の口座開設をしていない方は読んでください。

つみたてNISAの口座は一度開設すると1年間は金融機関を変更することができません

これに関しては楽天証券かSBI証券の2択でいいと思います。

普段の買い物で楽天使ってるよーって方は楽天証券、それ以外の方はSBI証券でいいと思います。

楽天証券

  • 100円から投資信託を購入できる
  • 自分で選んだ投資信託を毎日、自動的に買い付けてくれる
  • 楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる

SBI証券

  • 100円から投資信託を購入できる
  • ネット証券で口座開設数No.1
  • 投資信託の保有でポイントが貯まる「投信マイレージ」がある

 

株やほかの商品の購入を考えてなくて、つみたてNISAのみで資産運用をしようかなって方はセゾン投信もおすすめです。

 

セゾン投信

  • 月5000円からつみたてできる
  • 日本を含む全世界に投資できる
  • 商品が2本なので悩む必要がない

 

迷ったらこれを選んどけ!おすすめ銘柄7選

投資信託にはそれぞれ信託報酬(管理手数料のこと)と呼ばれる手数料が決められていて、保有している間はずっとかかります。

20年も投資し続けるので、できるだけ安いほうがいいですよね。

下記におすすめするのはどれも信託報酬が低く長期保有に向いてます。

 

1.楽天・全米株式インデックスファンド(信託報酬年率0.1696%)

 

  • VTI(バンガード・トータル・ストックマーケットETF)と同じベンチマーク(運用の目安)を使う投資信託
  • 米国上場の99.5%の約4000株を対象とする(もちろんアップル・グーグルも入ってる)
  • 要するにアメリカの経済成長に乗っていく投資信託

 

2.楽天・全世界株式インデックス・ファンド(信託報酬年率0.2396%)

 

  • VT(バンガード・トータルワールドストックETF)と同じベンチマーク(運用の目安)を使う投資信託
  • アメリカを含む全世界、約8000銘柄に投資ができる
  • 要するに世界中の経済成長に乗っていく投資信託

 

3.iFree S&P500インデックス(信託報酬年率0.225%税抜)

  • アメリカを代表する大型株500銘柄を集めたS&P500指数をもとに運用する
  • S&P500ETFは機関投資家も活用しているため信頼と実績がある
  • 要するにアメリカの有名な企業の成長に乗っていく投資信託

 

4.EXE-i つみたてグローバル(中小型含む)株式ファンド

 

  • SBIアセットマネジメントから2017年12月6日に新規設定される
  • 信託報酬年率が0.139%でここで挙げているどの銘柄よりも安いので、まさに「つみたてNISA」向けの銘柄
  • 3つのファンド(アメリカ・アメリカを除く先進国(日本も含む)・新興国)を一度で買い付けることできて全世界に投資できる
  • 取扱がいまのところSBI証券のみ(2017年11月現在)

 

5.〈購入・換金手数料なし〉ニッセイ外国株式インデックスファンド

 

  • 日本を除く世界主要先進国の株式に投資(アメリカが64.9%を占める)
  • MSCIコクサイ・インデックスの動きに連動
  • 信託報酬年率0.20412%
  • 投信ブロガーが選ぶFund of the Year 2014~2016で3年連続1位に選ばれるほど人気が高い

 

6.eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(信託報酬年率0.2268%)

 

  • この1本で8つの資産(国内株式・債券、先進国株式・債券、新興国株式・債券、国内リート・先進国リート)に12.5%ずつ投資できるのでバランスの取れた資産運用ができる
  • 上記5つの銘柄にないリート(不動産)に投資できるのが魅力

 

7.ひふみプラス

 

  • 信託報酬年率(1.0584%)が他の銘柄に比べてと高いが圧倒的に年率リターンが良い
  • ここ3年間の平均リターンが21.07%
  • ファンドマネージャーの藤野英人氏が投資のカリスマといわれている
  • SBI証券では「投信マイレージ」があるため信託報酬を下げることができる

 

まとめ

上に挙げたのはどれも信託報酬が低く、長期保有に向いた銘柄です。

20年間保有するので銘柄選びには慎重になりますよね。これを読んで少しでも参考になればと思います。

というわけで、みなさんも「つみたてNISA」をはじめてみませんか?

ぼくが利用しているのは「楽天証券」です。

普段の買い物で楽天市場を利用している人は、貯まったポイントで紹介した投資信託を購入することもできるので、開設だけしておいても損はないと思います。

 

楽天証券で口座開設する

 

2018年1月から僕もつみたてNISAを始めるので運用実績も公開していきます。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

「つみたてNISA」関連記事

つみたてNISAって何?って方はまずこちらの記事をどうぞ

つみたてNISAのメリットって?若者こそ資産運用をはじめよう!
みなさん、こんにちは。 どうも、ノモ(@blog_kazunomo)です。 人生100年時代と言われているので、やっぱり将来のお金が心配ですよね。 老後に必要なお金は約2000~2500万円が必要だと言われています...

 

つみたてNISAの買い方の組み合わせを考えてみました

【つみたてNISA】買い方の組み合わせを〈⑤パターン〉考えてみたよ
ノモ つみたてNISAはひとつの銘柄を買い続けたらいいのかな? それとも、他の銘柄と組み合わせたほうがいいのかなー 2つとか3つ買いたくなるんだけど、どうなんだろう? みなさん、こんに...

 

最後まで読んでいただいて、ありがとうございました。

 

おわり

コメント