「カード払いをすると無駄遣いが増える」みたいな記事が「現金大好き日本人」を生み出している

WordPress 画像

みなさん、こんにちは。

どうも、カズノモです。

よくこういう記事やニュースを目にしませんか。

 

この記事はカード払いについてメリット・デメリットもありますよっていう記事なのでいいですが、現金を使わずにクレカ払いや電子マネーで支払ってると無駄遣いが増えたって記事が多くありませんか。

たしかに、現金を使わないので支払いもスムーズ、しかもポイントがつくなどの利点があるので、ついついお金を使い過ぎてしまう気持ちもわかります。

でも、現金払いにしろ、キャッシュレス決済にしろ、お金を使うっていう行為には変わりはありません。手段が違うだけです。

無駄遣いが増えるのはキャッシュレスのせいではなく、本人の金銭感覚が原因だと思います。

むしろ、キャッシュレス化にしたほうがお金を使った内容が電子化されるので、「マネーフォワード」などの家計簿アプリと連携すれば、無駄なお金の使い方が見えてきます。

こういった記事が多いことが、「現金大好き日本人」を生み出して日本のキャッシュレス化を遅らせてるひとつの原因だとも思います。

カズノモ

キャッシュレスにすると無駄遣いが増えるんでしょ?それなら現金払いだけでいいじゃん

これ以上こんな人を生み出さないためにも、政府がキャッシュレスを推進しているなら、まずメディアを変わるべきです。

テレビやネット記事で「カード払いをしたほうが無駄遣いがなくなった」、「キャッシュレスのほうがお金が貯まりやすい」等の記事を優先的に取り扱ってくれれば、「現金大好き日本人」から「キャッシュレス日本人」に、うまく洗脳できそうな気がします。

そうすれば、政府が掲げているキャッシュレス比率40%も容易に達成できるとも思います。

 

おわり

コメント